スポンサードリンク

痩せたいなら読んだ方が良い書籍

 

 

ここでは本の虫である私が読んだ本でこれはとても参考になったなと思う本をご紹介します。

 

 

どれもとても参考になりましたのですべて読んで貰いたい本ばかりです。

 

 

 

この本は私がカロリー制限をしようと覚悟を決めるに至った運命の本です。
ごくごく当たり前ではありますが「食べ過ぎたら太る」という事をしっかり解説してくれています。

 

 

 

 

私のダイエットのベースになっているレコーディングダイエットとの出会いの本です。
小ステップからゆっくりと始めていき少しずつレベルを上げていく感じです。
ただ、私は食べ物を書いてでもぶっちゃけそんなには痩せませんでしたのである程度えいやってカロリー制限まで進んでしまったのが本当です。

 

 

 

脳の仕組みからダイエットをどうやったら成功させられるかを書いた本です。物語調になっておりとても読みやすいです。この本の中にある「食に問題がある人は食以外の部分に問題を抱えている」という考え方はとても共感できるものでした。

 

 

 

 

心理の分野で活躍されている心屋仁之助さんですが、この方もダイエットに成功してから一気に有名になっています。心理の面から見たダイエットはとても参考になる話です。心のメンタルブロックを外す良い参考になる本だと思います。

 

 

 

私は筋トレ趣味の人間なのでとても参考になります。実践できるならこの内容を実践するだけで痩せます。PFCバランスについての考え方や筋肉の発達と徐脂肪の関係をしっかりと説明してくれており良書です。最悪筋トレはしなくてもこの食事の部分だけでも参考にすると間違いなく痩せます。

 

 

 

糖質制限に一時期ハマった際に読み漁った本の中にあった一冊です。この本は糖質制限に近い内容で書いてありますが、実際にその内容をかみ砕いていくと、食欲のコントロールを難しくしている原因が果糖であり、食物繊維不足であると書いてあります。確かに私の実感としても糖質を制限して痩せる効果はあまりありませんが、食欲のコントロールは簡単になる印象があります。

 

 

私が推奨している一日一食生活について書いてある本です。
基本的に私は実践した結果その効果を身をもって理解した人間ですのでそれ以上は何とも言えません。
学術的に正しかどうかも正直わかりませんが、私はメリットしか感じていません。

 

 

□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク