スポンサードリンク

お金をかけず自重トレーニングでもしっかり筋肉が付くという結果報告

 

 

 

基本的に私は痩せるための運動は推奨していません。

 

むしろ痩せるための運動は絶対にやらない方が良いと思っています。

 

その辺はこちらのページを参照してください。

 

 

とは言え私は昔、柔道部だったという事もあり運動する事は結構好きだったりします。

 

人によっては食事制限では筋肉が痩せて太りやすい体になっちゃうと心配する人もいますし、
その辺はしっかりした食事管理を学べばそんなことにはならないのですが、その心配を解消する意味も込めて、私もきっちり食事管理で痩せられるようになってから、今度は筋トレによるボディメイクを始めたのです。

 

また運動にはストレス軽減効果もあるので、ストレスによる肥満対策として考えると、結果としてダイエットにも影響があるともいえます。

 

 

また決意したその時にこんなことがあったのです。

 

 

 

2017年の夏

 

会社で普通に仕事をしていたらコピー機で書類をコピーしていたら、横に来た同僚に急に言われたのです

 

 

「うなじろう君、君それはスキニーだよ、痩せすぎ・・・」
※スキニー(skinny):やせこけたという意味

 

スキニーってお前・・・      
おまえ何人だよ・・・

 

 

とかそんな感想を持ちつつ思い知らされたのです。
そんなつもりは正直全然ないのですが周りから見るとだいぶ痩せっぽっちの印象になってしまっていたようです。
英語にかぶれたその同僚の発言がなければ気づけなかったことですから、その同僚には本当に感謝ですね。

 

 

太っていれば太っているとバカにされ、痩せたら痩せたでバカにされる、この世の中の不条理を感じつつ私は思ったのです。

 

 

そろそろ筋トレしても良いんじゃない?っと

 

 

 

ぶっちゃけそれまで筋トレとか「運動をあえてしないようにしていた」のでウキウキですよ(´∀`*)

 

 

 

 

因みにその時の体がこんな感じでした。

 

 

まぁ、痩せすぎッてほどでもないんじゃないと思っていましたが、今思うと確かに筋肉がなく
薄い感じはしますね。

 

 

そこから筋トレを解禁してからというもの毎日が楽しくて仕方がなかったですよ。

 

私はジムなどに行く時間的余裕も一切なかったのでひたすら自重トレーニングのみを実施しました。

 

腕立てとか腹筋とかスクワットですね。

 

まぁ、やり方はおいおい紹介していこうかなと思います。

 

その後1年間筋トレを続けた結果
2018年の夏ごろ

 

少し腹筋が割れてきました(´∀`*)ウフフ

 

あれ!?これ念願の細マッチョじゃね!?

 

と一人浮かれていました。

 

でもまだ、マッチョって程でもないかな〜という事でさらに1年

 

2019年6月

 

胸筋の付き方と腹筋の凹凸が前より増えたように思います。

 

新しいスーツなんかを買う時に店員さんに採寸していただく時、
「お客さん、運動してます?」
と聞かれ
「筋トレを少々( ̄ー ̄)ニヤリ」
と回答
「あ〜やっぱり!いかにもやってる人の体ですもん!」
とか言われて
(・∀・)ニヤニヤ

 

みたいなことが多くなってきました。

 

このように食事制限してからでも筋肉はしっかり付くし代謝が落ちても別に後からいくらでもリカバリーできるので気にしなくて良いんじゃないかなというのが私の感想です。

 

 

また、筋トレについてはあくまでボディメイクのためですのでダイエットに関してはあまり関係ありません。

 

ただの趣味です

 

ですがやはり割れた腹筋とか目指すとダイエットも楽しくなりますから、筋トレも趣味がてらやるのはありだなと思います。

 

 

なんせ筋トレめっちゃ楽しいですからね!

 

 

 

私の筋トレの条件

 

さてせっかくなので私の筋トレをする上での条件を伝えておきましょう

 

  • 基本的に器具などを極力使わない方法で行えること
  • 時間がなくてもできること
  • お金を極力かけないこと

 

この3つが主体です。
基本的に習慣化を進めるうえでやることを増やすというのはかなり辛いことです。
ですので極力簡単に続けられる事を主体に考えて行く必要があります。

 

習慣化の方法については別のサイトで紹介させていただいております。
ご興味あればこちらをどうぞ

 

基本的には器具などを極力使わない方法で行えること

 

つまり自重トレーニングがメインです。

 

これは「今日はジム行こ~」と最初のうちは元気に楽しく筋トレを進めるのですが、仕事などで忙しくなった休日も予定が増えていくとなかなかジムに行って行うという時間は取れなくなってきます。

 

また、特定の器具を使ったトレーニングに偏ってしまうと「その器具が使えない状況」ではやる気が出なくなってしまうのです。

 

出張など泊まり込みで家に帰れなくなった時に

 

「いつも使ってる10キロのバーベルが無いと筋トレが出来ないよ(´・ω・`)」

 

みたいなことになります。

 

そうすると特定の器具を必要とするトレーニングは習慣化の面で見るとかなりマイナスです。
そのため私は会社員はジム通いとか、専用器具を買うとか推奨していません。

 

己の身一つで何とかするのが漢というものです

 

 

 

時間がなくてもできること

 

基本的には考え方は同じです。
日々忙しくしている中であえてそのための時間を作るというのは容易ではありません。

 

そのため
毎日1時間!!
みたいなのは土台無理な話です。

 

おそらく作れて30分程度が限界だと思います。

 

なのでこの30分程度の時間内でできる内容でなければいけません。

 

ジムなんて行ってたらそれだけで30分経ってしまうよ

 

また、有酸素運動についても私は極力やらない方向で考えています。

 

有酸素運動で脂肪が燃焼されることはあってもその量は大した量ではありませんし
、何よりもそれだけを目的とした運動はものすごく時間に対する効果が薄いのです。

 

かなり時間をかける割には痩せない。

 

唯一定期的に取り入れているのがHIITと呼ばれる短時間でできる高強度のインターバルトレーニングです。

 

 

お金を極力かけない

 

これはもう上記の二つを考えて行くとそもそも使う所が無いというだけの話です。

 

ただ、妙なサプリとかに手を出さないようにしているというのもあります。

 

安全なサプリなら使っていけないという事も無いと思うのですが、こういうサプリに頼ってしまうと今度は「このサプリが無いとダメな体」になってしまうのが怖いですよね。

 

結局のところダイエットもボディメイクもその生活をずっと続けていかないとその体は維持できないわけです。

 

そのサプリを使って手に入れた体は、そのサプリが無くなった瞬間に維持できなくなる恐れがあります。

 

もちろん代替品を探せばいいのでしょうが、その体の不安定な感じが私は許せない。

 

そもそも、ここに至るまでに食事管理はきっちりできるようになっているのですから、必要な栄養素は食事からとればいいのです。

 

あえてお金かけてサプリなどに頼る必要はありません。

 

 

というわけで

 

お金も時間もかけずに筋肉がしっかり付くことは確認していただけたと思います。
これからはその方法についてもご紹介させていただければと思っております。

 

またよろしくお願いいたします。

□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク