スポンサードリンク

J一日一食生活を始める〜特別な運動無しで健康的に20キロ痩せた私の禁煙ダイエット〜

 

 

現在私が推奨しているのは一日一食生活です。

 

 

実は一日一食生活はダイエットとは実際は無関係です。

 

 

食べる量が減るため体重が減りますが実際は健康法です。

 

 

より健康に痩せるための方法と認識して欲しいです。

 

 

 

一日一食にして危険はないのか?

 

 

 

誰もが思う疑問点だと思います。

 

毎日三食バランスよく食べた方が良いというのが定説ですから

 

一日一食にするという言葉に抵抗感のある方は多いと思います。

 

 

しかし、現代人の身体の不調のほとんどは「食べ過ぎ」が原因なのです。

 

 

 

小食よりも食べ過ぎが原因で起きている病気の方が多く報告されているぐらいではないでしょうか?

 

生活習慣病を始め脂肪肝、痛風、糖尿病など太りすぎ、食べ過ぎが原因で我々の身体は病気になっています。

 

 

 

 

食べ過ぎは免疫力の低下を招くのです。

 

簡単に言うと血液中の白血球に栄養を与えすぎているのです。

 

通常免疫力は白血球がガン細胞やばい菌、アレルギー物質を食べてくれるから病気になりません。

 

それが常に食事をしていると白血球もお腹いっぱいですから仕事をしようとしません。

 

 

それが免疫力の低下の原因です。

 

 

食べなきゃ免疫力は上がるのです。

 

 

風邪の時食欲が無くなりますよね?

 

それが正しい身体の反応です。

 

無理して食べなくて良いのです。

 

 

ただし閉経前の女性や子供は逆効果だという話もありますので対象になる方は一日一食ではなく一日二食とか空腹を感じる時間を短く対応したほうが良いと思います。

 

 

お腹が空いて元気がなくなるんじゃないの?

 

 

 

そんな心配をする人も当然います。

 

これは私の体験談としても確認しているのですが

 

 

食べない時の方が調子が良いんです。

 

 

これは血液の流れの問題です。

 

食べていない時は胃や腸が働きませんので血液をそちらに回す必要がありません。

 

その分を脳や筋肉などの器官に回すことが出来るのでむしろ元気なのです。

 

 

 

お昼ごはんを食べた後は眠くなる

 

 

 

そんな経験は誰しもあると思います。

 

胃腸へ血流が回ると結構が悪くなるため疲れます。そして眠くなるのです。

 

 

また、食べ過ぎればそれに伴い消化器官が働きます。

 

3食常に食べていると消化器官が休むタイミングがありません。

 

常に動き続けるのは疲れますよね?

 

それは臓器も一緒です。

 

 

 

1食2食抜くことは内臓を休ませるという意味もありより健康効果が高くなるのです。

 

 

 

 

一日一食にする効果

 

 

 

一日一食にするメリットは数えきれないくらいあります。

 

いっぱいあるので一気に一覧していきます。

  • 免疫力が上がる
  • サーチュイン遺伝子が活発に動きだして若返る
  • 空腹によるアドレナリンで快活になる
  • 排泄が活発になる
  • 身体のだるさが取れて元気になる
  • ガン予防になる
  • 動脈硬化が改善される
  • 心臓病が治る
  • 炎症が引く
  • 脳がはっきりする
  • 性欲が強くなる
  • ストレスに強くなる
  • 食費が減る
  • 自由な時間が増える

 

私自身これらの効果を実感しているからこそ現在も継続して一日一食生活を実施しています。

 

1年以上実践していますが、かなり体調は良いです。

 

 

 

一日一食生活の注意点

 

 

 

実は一日一食生活が体に合わない人もいます。

 

 

と言うか

 

 

今太っている人がいきなりやったら多分ほとんどの人はつらくて止めたくなるでしょう。

 

その場合はまだ一日一食にする体ではないという事です。

 

何事も少しづつです。

 

当サイトの実践編の順番通りに進められている人はだいぶ空腹にも慣れていると思いますので成功する人が多いとは思います。

 

 

やってみて体調が良くなるようであればそのままやってみたらどうでしょうか?

 

 

 

また閉経前の女性と子供は無理に一日一食を実践しない事。
あくまで実践してみて体調が良くなった場合のみ継続するようにしましょう。

 

 

ぶっちゃけ子供はやる必要無いと思います。

 

 

 

血糖値が下がるとイライラしたり倦怠感が起こったりします。

 

そう言った時は無理せずアメを舐めたりチョコを一口食べたりすると症状は治まります。

 

もちろんカロリーやGI値を気を付ける必要はありますので最近の私はおからクッキー

を二枚持ち歩くようにしています。

 

おからクッキーは低カロリーで食物繊維も豊富なうえにGI値が低いので一日一食生活でダイエットを試みるにはちょうど良い食べ物です。

 

 

 

 

☆関連記事☆

私のダイエットのベースとなる考え方
@自分の現状の把握
A自分の現状の把握その2
B自分の現状の把握その3
C一日の摂取カロリーを制限する
D食べる順番を考慮する
E栄養バランスを考える
F早寝早起きを実践する
G飲み会での食べ過ぎを回避する
Hモチベーションの維持のための大事な考え方と実践
I夕飯をゴージャスにする作戦を決行する
空腹感を乗り越える方法
□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク