スポンサードリンク

I夕飯をゴージャスにする作戦を決行する〜特別な運動無しで健康的に20キロ痩せた私の禁煙ダイエット〜

 

 

私は今も昔も夕飯をとても大切にしています。

 

 

私は食べる事が大好きです

 

 

これまでダイエット生活を続けてきて最終的に思うのはメリハリが大切だという事

 

 

 

一日三食として考えた時

 

 

 

1800kcalが目標とすると一食当たり600kcalです。

 

 

 

600kcalって食べられない訳では無いけど満腹にもならないです。

 

腹八分どころか六分くらいかも知れません。

 

 

 

だいぶ満足感が足りない

 

 

 

満足感と言う観点から考えていくとどこか一つの食事でしっかりがっつり食べたいと思うと思います。

 

 

夜食べると幸せ

 

それであれば私のおすすめは断然夕食です。

 

 

 

その理由は一日の終わりの幸福度が上がるからです。

 

 

夜食べると太るって?

 

 

大丈夫です。

 

 

GI値をしっかりコントロールしながら食べればそんなに太らないから。
糖質を控えめにして、タンパク質を中心とした食事だと夕飯をがっつり食べても太りません。

 

 

そんなことを気にするより一日の終わりの幸福度を上げることの方がよっぽど大切です。

 

 

 

ダイエットとは一生続けていくものです。

 

 

楽しく無ければいけません。

 

 

 

 

朝と昼は少量で良い

 

また、朝食や昼食にあまり量を多く取ると日中の活動に支障をきたします。

 

 

良く朝はしっかり食べなくてはいけないという声をききますが

 

 

これは誤りです。

 

 

食べればその分胃や内臓に血液が集中しますので脳は働きません。

 

 

また朝はどちらかと言えば栄養を取る時間と言うよりは排出の時間です。

 

 

水などを飲んで腸を刺激して排出に専念したほうが良いでしょう。

 

 

栄養あえて摂取しなくてもしっかり蓄えがあるから大丈夫です。

 

 

 

配分を考える

 

私としては

 

 

朝300kcal
昼300kcal
夜1200kcal

 

 

くらいの配分が良いのではないかと思っています。

 

 

300kcalと言うと魚肉ソーセージ3本分です。

 

おにぎりを一つは食べられるくらいの量

 

 

 

朝ならそんなもんでしょう
昼も午後のパフォーマンスを考えるならもっと少なくてもいいくらいです。

 

 

夕飯を1200kcal食べられるようにするとほぼ食べたい物はすべて食べられるくらいのカロリー数になります。

 

 

がっつりした揚げ物弁当だって1000kcalぐらいです。

 

 

これぐらい食べられればかなり幸福感をもって毎日を終えられるはずです。

 

 

 

この生活に慣れたら次は
J一日一食生活を始める

 

 

 

☆関連記事☆

私のダイエットのベースとなる考え方
@自分の現状の把握
A自分の現状の把握その2
B自分の現状の把握その3
C一日の摂取カロリーを制限する
D食べる順番を考慮する
E栄養バランスを考える
F早寝早起きを実践する
G飲み会での食べ過ぎを回避する
Hモチベーションの維持のための大事な考え方と実践
空腹感を乗り越える方法
□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク