スポンサードリンク

空腹感を乗り越える方法〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

カロリー制限を始める必ずぶち当たる壁

 

 

もっと食べたいと言う欲求

 

 

そして

 

 

お腹が減ったと言う空腹感

 

 

実際にはこれらは太っているからこそ起こる現象で慣れてしまえば本来の空腹感と言うものを感じられるようになってきます。

 

しかし、太っている間はどうしてもこの空腹感と言うものがずっとある。

 

太っている人の空腹感に対する認識がおかしい」でも書いていますが、本来は栄養的には十分足りていてもお腹が空いているような気がするのです。

 

 

実際はは栄養は足りてるんです。

 

 

まず、そのことをちゃんと認識しておきましょう

 

 

しかし、そんなこと言ってもお腹が減るのはしょうがないじゃない?

 

 

と思いますよね。

 

 

そのため私の行っていた空腹対策です。

 

1、暖かい飲み物を飲む

 

一番手っ取り早い対策方法の一つがこの暖かい飲み物を飲むことです。

 

食事の際に一番最初に味噌汁を飲むのもありだと思います。

 

水分でお腹いっぱいにするだけ?っと思われるかも知れませんが実際はそれだけではなく暖かい飲み物を胃の中に入れると空腹感が和らぎます。

 

体を温めると胃腸の調子も良くなりますのでダイエット効果も上がります。
(逆に冷たい飲み物は体が冷えるのであまりよくないです)

 

また、そもそもダイエット時は水分が不足しがちですので水分補給と言う意味でもかなり重要です。

 

また、ちょっとホッとするですよね

 

そうすると心に余裕が生れて空腹にも耐えられるようになります。

 

私はよく朝一にホットコーヒーを飲んでいました。
お腹がすいたら取りあえずコーヒーみたいな生活です。

 

 

2、間食をする

 

間食は本来いけないものです。

 

しかし、計画的にやるなら全然オッケーです。

 

日々のカロリー計画の中に間食を盛り込んでしまえれば何も問題ありません。

 

そしてその内容が重要。

 

カロリーが低くて食いごたえのある物
またGI値の低い物です

 

私はナッツを選択しました。

 

クルミやカシューナッツと言ったちゃんと噛む食べ物を量を決めて一番お腹が減る時間帯

 

つまり昼の3時ごろに食べるようにしていました。

 

間食すると次の食事の際にドカ食いするのを抑えられるので効果的です。

 

ただし気を付けて欲しいのはナッツ類は脂質が多めです。

 

普段の食事が脂質過多な場合はおススメしません。

 

脂質過多な場合はイカの燻製なんかが良いのではないかと思います。

 

 

 

3、忙しくして食べることへの欲求を忘れる

 

実はこれもよくやっています。

 

他にやること作っちゃうんですよね

 

結局暇だから食べてるっていう部分もあるんですよ

 

趣味や仕事を真剣にやっていれば時間を忘れていることなんていっぱいありますよね?

 

その感覚を利用するんです。

 

率先して自分からそういう時間を作って食欲を忘れる。

 

これってかなり重要な対策なんです。

 

私がこれに気が付いたのは平日の日中はさほどお腹が減らないことに気が付いた時でした。

 

「あれ?平日はそんなに食べなくても平気なのに休日はなんでこんなにお腹が減るんだ?」っと

 

答えは暇だからでした

 

 

4、運動する

 

普段は運動は推奨していませんが腹が減っている時は別です。

 

運動すると食欲が一時的に減退します。

 

これはかなりの効果を発揮します。

 

ただ、私はダイエットのために運動をすることには否定的です。

 

ですので、日々の生活の強度を上げるという意味で運動をするのが良いと思います。

 

特別な運動ではなく通勤時の歩行や仕事中座っている時に周りに気づかれないレベルのドローイングなどの運動を行うことで食欲を抑制することが可能です。

 

 

 

5.一度自分の限界を知っておく

 

私が最も効果を実感している方法ですがこの方法はかなり荒療治です。

 

まず太っている人の空腹感は本来の空腹感からズレています。

 

 

このズレを治す必要があります。

 

 

ではどうしたらいいのか?

 

方法は簡単です。

 

 

一度限界ギリギリまで食べなければ良いのです。

 

そうすると「痩せている人にとってのお腹が減った」を体感することが出来ます。

 

 

これまで自分が感じていた空腹と言うのは空腹では無かったと身をもって感じることが出来れば次はもう少し我慢できるようになります。

 

 

とは言っても突然絶食するのは体に負担をかけるため危険です。

 

 

その為体に害のない範疇で出来る断食期間としては個人で行う場合は1日だと判断しています。

 

 

一度24時間水分だけで過ごしてみてください。

 

 

本当の空腹を知ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

☆関連記事☆

私のダイエットのベースとなる考え方
@自分の現状の把握
A自分の現状の把握その2
B自分の現状の把握その3
C一日の摂取カロリーを制限する
D食べる順番を考慮する
E栄養バランスを考える
F早寝早起きを実践する
空腹感を乗り越える方法
ダイエットの定義
サラリーマンのダイエット時の問題点
停滞期の乗り越え方
肥満は仕事の評価すら左右する
太っていると優しそうってのは褒め言葉じゃないよ?
太っている人の空腹感に対する認識がおかしい
色んなダイエット法があるけども・・・
ダイエットに時間はいらない
ダイエットにおける運動の必要性

 

□■□■今回の記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。


スポンサードリンク