スポンサードリンク

停滞期の乗り越え方〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

ダイエットには停滞期がつきものです。

 

停滞期と言うのは体が急激に痩せていく自分を食糧難だと誤認して危機管理能力を発揮して省エネモードで生活するための物

 

 

ぶっちゃけ、ほおっておけば解除されます。

 

 

 

しかし、ダイエット中と言うのは結構ナイーブな心理状況ですので色々不安になってきます。

 

カロリー計算が間違っているのか?
そもそもやり方に問題があるのか?
運動もしなくてはダメか?

 

等など

 

 

時間の問題だから気持ちを大きく持っていればそれだけで良いんですけどね〜

 

 

実際私も結構悩みました。

 

 

停滞期の乗り越え方はほぼ精神的な問題です。

 

 

まず大前提としてカロリー計算だけしていれば100%痩せます。

 

また、停滞期は続いても2週間 人によっては1週間もあれば終わります。

 

問題はこの辛い2週間をいかにして過ごすかです。

 

 

体重の変化はない。
人によっては増えるかも・・・

 

 

乗り越える方法としてかなり有効なのが

 

過去のデータを見返すことです。

 

これまでの体重が減ってきているという事実をしっかりデータとしてみるのです。

 

私もグラフ化している体重の推移を見て自分が確実に痩せてきていると言う実感を持ってその一週間を過ごしていました。
特に最初の停滞期を乗り越えた後は停滞期が訪れる周期も結構似たり寄ったりです。

 

グラフ化すると結構当たり前のような感じになっておりまた1週間もすれば下がり始めるなっと言うのがグラフからわかるようになります。

 

 

当時の私の体重推移のグラフです。

 

自信

 

 

赤い線が体重の推移なのですが定期的に体重が減らない時期がありました。

 

でもグラフからすると本当に「定期的」なのが分ります。

 

そうすると結構精神的には落ち着いてくるので別にちょっと停滞期に入ったくらいでイライラするようなことはなくなります。

 

 

また、小技になってきますが停滞期中にこれまでとは違うダイエット方法を取り入れると言うのも一つの手です。

 

もちろんレコーディングダイエットをベースとしてですが

 

結局体は今少ないカロリーに対応しようと必死です。

 

そこに新しい刺激を与えてやると体はびっくりして対応できません。

 

なので普段は私は運動なんてしませんが停滞期にたまに運動したりするのはありかも知れません。

 

 

チートデイを実施する

 

さて、ここまでが普通の話

 

ここからがちょっと勇気のいる作戦です。

 

 

失敗するとむしろ太る

 

 

私が定期的に行っている停滞期を解除する荒業

 

それがチートデイです。

 

 

停滞期の間は食糧難に備えて体がこれ以上エネルギーを消費しないように省エネモードで運用しようとしている訳です。

 

 

つまり

 

食糧難は終わったと脳を誤認させてしまえば停滞期は終わる訳です。

 

 

その為

 

1週間から2週間に一回だけ大量にカロリーを摂取するのです。

 

食事内容は何でも構いません。

 

 

とにかく大量に食べる。

 

 

男性なら目安4000kcalぐらいは食べないとダメでしょう。

 

およそ日常の消費カロリーの倍は食べるようにします。

 

 

そうすると

 

 

停滞期が終わります

 

 

 注意点

 

ですがこの方法は大変危険な部分も多いので以下の注意点を必ず守りましょう

 

・摂取カロリーはちゃんと把握しておく
いつもよりちょっと多いくらいの量ではチートデイにはなりません。大量に食べましょう

 

・一食でドカ食いするのではなく3〜6食くらいに小分けにして食べる
どうせ一食じゃそんなに食べられないけど食糧難が去ったと思わせなくてはいけないので小分けに何度も食べた方が良いです。

 

・翌日からはしっかり摂生する
一日だけでないとただの暴飲暴食生活に逆戻りです。精神力の見せ所です。

 

・翌日は体重増えるけど気にしない
食べたぶんの水分で体重は当然増えます。この水分が落ち着くまでに人によっては3〜4日かかる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

☆関連記事☆

私のダイエットのベースとなる考え方
@自分の現状の把握
A自分の現状の把握その2
B自分の現状の把握その3
C一日の摂取カロリーを制限する
D食べる順番を考慮する
E栄養バランスを考える
F早寝早起きを実践する
空腹感を乗り越える方法
□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク