スポンサードリンク

カロリー計算は理論的には正しくない可能性があるが食事管理の基本的なスキルを身に着けるためにはやはり一番だと思う

 

食事管理の基本的なスキルを身に着けるためには

 

 

まずいきなりレベルの高いことをしてもだめです

 

 

栄養素がどうたらこうたら
PFCバランスがどうたらこうたら
良い脂と悪い脂がどうたら
糖質がどうのこうの
食べるタイミング
食べる量
食べる回数

 

 

 

 

考え始めると切りがありません

 

 

確かに理想的な話を言えば食事の回数を出来るだけ少なくし、食物繊維と良質なオメガ3脂肪酸を多く取り、加工食品を減らし、果糖の摂取を減らす。インスリン抵抗性を考慮して食事内容を決めていく。ここまでやるならばあまりカロリーにこだわる必要は無いし、確実に痩せるでしょう。

 

 

そんで

 

 

最初から初心者が全部を考慮して完璧な食事管理技術のもとで食事ができるはずもない

 

 

そもそも全くもってダメダメだから太ったわけですよね

 

ゲームRPGで言えばレベル1の人にレベル50以上の人が持てる武器を持たせるようなもので、そもそも持てないし扱えない。

 

 

当然、無理だよ〜ってなる

 

 

現在の私のように常日頃からそんなようなことばかり考えている人間なら、食べ物を見ただけで、これは良いとか悪いとか大体わかるようになります。

 

 

でも、最初はいちいち調べなきゃいけないし超面倒な訳ですよ。

 

 

 

そんで

 

 

初心者が一番わかりやすく食事管理を行う基本的スタンスを身に着ける方法として

 

やっぱりカロリー計算なのではないかと思うのです。

 

 

これまでの私の推奨としてはまず最初は毎日の体重測定を日課にするところから始めてほしいですが、それが習慣化できた人はやはり次はカロリー計算だと思うのです。

 

 

カロリーが直接的な肥満の原因では無いと言う論文もいくつかありますし、事実そうだと思います。

 

同じカロリーを摂っても太る人は太るし、お腹いっぱいになる人とならない人がいるし

 

お菓子だけで規程カロリーまで食べた人と、野菜とタンパク質中心で食べた人では結果は確実に違うはずです。

 

 

カロリーの理論は間違っていると僕は思う。

 

 

けど

 

 

初心者の目安としては凄く便利なのも事実

 

 

カロリー計算しながらお腹いっぱいになるまで食べたいと思うと必然的にカロリーの少ない野菜等を食べる必然性が生まれます。

 

私もカロリー計算し始めてから野菜を食べる様になりました。その他食物繊維が豊富な食べ物だったり逆にカロリーの高い食べ物は果糖が著しく多く入っているのでカロリー制限するだけで果糖の摂取量も必然的に減る。

 

菓子パンなんかは食べても腹膨らまない割にカロリーがめっちゃ高いので食べたくなくなる。結果として体に悪い食べ物を食べ無い方向に動かざるを得なくなる。

 

 

 

 

問題はカロリー数と言う電卓の結果通りに体は結果を出してくれないだけです。

 

1500Kcal分制限したからと言って1500Kcal分脂肪が減るわけではない。

 

極端にカロリー制限したら、より痩せづらくなるのは間違いありません。

 

人の体は単純な引き算では無いから

 

 

 

でも目安にはなる

 

 

 

 

基礎代謝と維持カロリーの間くらいで1日の摂取カロリーを設定すると凄く丁度良い塩梅になるはずです。

 

 

ただ食べなきゃ良いと言う勘違いさえしなければカロリー管理はとても便利だと思います。

 

 

大事な事なので2回言いましょう、

 

 

人の体はただの引き算で痩せるほど簡単には出来ていません。極端なカロリー制限は逆に肥満を呼びます。でも、それさえ、わきまえていればカロリーはめっちゃ便利です。

 

 

とりあえず小難しい事を考えるのは

 

維持カロリー以下くらいまで摂取カロリーを落とせる様になってから考えなさい

 

と私は思います。

 

 

 

 

☆関連記事☆

ダイエットの定義
太っている人は自己管理能力がない
サラリーマンのダイエット時の問題点
肥満は仕事の評価すら左右する
太っていると優しそうってのは褒め言葉じゃないよ?
太っている人の空腹感に対する認識がおかしい
色んなダイエット法があるけども・・・
ダイエットに時間はいらない
ダイエットにおける運動の必要性
ダイエットが続く心の在り方
一日事の体重の増減に一喜一憂しない
ダイエットは引き算思考
ダイエットに失敗し続けている人が苦手な事をやるからこそ痩せる理由
肥満で確実に不幸になる事実、デブは無意識に私たちを蝕んでいる

 

 

 

□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク