スポンサードリンク

ダイエットに失敗し続けている人が苦手な事をやるからこそ痩せる理由

 

 

痩せるために多くの人が見過ごしている事実があります。

 

 

 

私もそれまでに糖質制限ダイエット、脂質制限、ジョギング、ジム通い、キャベツダイエット、納豆、ナッツ、ブートキャンプ等等…

 

いろんなダイエットに挑戦してきました。
その結果として行き着いた答えがあります。

 

正直、痩せる方法というのは既にほぼ確立されています。

 

凄く簡単に言えば

 

 

食わなきゃ痩せる

 

 

筋肉を維持しつつ、摂取カロリーを制限していけば確実に痩せます。

 

これが現時点での「確実な痩せる方法」です。

 

 

 

 

「どんな方法」よりも大事な事

 

 

みんな大好き糖質制限
腸内細菌?酵素ダイエット
パサパサな食べ物は好きですか?脂質制限
一生毎日馬車馬のように走り続けます、有酸素運動

 

 

世の中にはいろんなダイエット方法がひしめき合っています。

 

 

みんなどれが効果があるとか、早く痩せるとか

 

そんな話題大好きでしたよね?

 

 

私も大好物でした

 

 

過度な脂質制限したり、過度な糖質制限にハマったり、疲れ過ぎて他に何もやる気が起きなくなるぐらい走ったり

 

 

色々試しました…

 

 

結果としてどれを選んでも効果はあるのです
真剣にやればどれだって効果はありました。

 

 

 

糖質制限とは本来糖尿病の方の為に生まれた考えですが、結果的に摂取カロリーが減るので痩せます。また、体の水分が抜けるから体重が一気に落ちます。

 

脂質制限も最もハイカロリーな油を避ける訳ですから当然痩せます。また油を避けると言うと食べられる物が肉や野菜に限られてくるのでお腹いっぱいです。

 

ジョギングは言うまでもなく消費カロリー減るし、基本的に運動は当然痩せるよね

 

その他の食べ物系ダイエットもその食べ物その物のダイエット効果と言うより、「そのダイエットをしている」と言う意識が無意識で摂取カロリーを減らしてくれます。だから結果的に痩せる。

 

 

 

 

 

ならばどのダイエットが一番効果があるのかという点についてです。

 

 

私の結論として

 

 

「どのダイエットが最も効果があるか?」と考える事自体が最も無意味なことだ

 

 

です。

 

 

これから、どんなダイエットに取り組んで行くか考える時に最もどうでもよい事が「どのダイエットが最も効果があるか」と言う事です。

 

最初に結論は述べていますが、食わなきゃ痩せるのです。

 

もう少し言うと

 

「その人の今のコンディションによって最良の方法は違う」

 

と言う事です。

 

 

 

続けられることこそすべて

 

 

私達はいつも考えなくていい事を真剣に悩んで迷路に迷うのです。

 

 

ダイエットに置いて最も最初に考えなくてはいけない事

 

 

それは

 

 

「一生続けられる方法はどれか?」

 

 

です

 

 

私達は早く効果が出るもの、より効果の高い物を選択してしまいがちです。

 

 

糖質制限は確かに一時的に早く痩せます。でも、その食事一生続けるの?って話です。

 

脂質制限も同じ。パサパサの食べ物は味気ないよ?

 

ジムで運動するのも良いでしょう。でもジムに行けなくなったらどうするの?そのジムが永遠に続くとも限らないし、そもそもそんなに頑張り続けられる自信あんの?

 

専用のダイエット食品なんかその会社潰れたら終わりだよ?

 

 

結局挫折したり、継続できなくなって元の自分に戻ってしまうのです。

 

 

だからこそ

 

 

自分に継続できる事は何か?

 

 

と言う事を最優先で考える必要があるんです。

 

効率とかは全て後回しで「続けられる」かだけが重要です。

 

 

 

ね?

 

 

だから人によって違う

 

 

その人がどんなレベルの人なのかによってできる事も違う。また、同じ人でもレベルが上がれば内容は変わります。

 

実際私がダイエットに成功した当初は運動は一切しませんでした。でもやはり運動した方が効率は良いし、今の私は運動と食事制限を一緒に楽しめるようになったので筋トレもかなりやるようになりました。

 

 

結局、「自分で考えて」今の自分に合う方法を探すのが1番の近道になるんです

 

 

ただ、何が合うかわからないから困ってるんですよね

 

私もそうでした。結局手当たり次第試した結果、当たりを引いた訳ですが、それはやはりシンドイのです。

 

 

そこで、私からどうやって自分に合うダイエット方が見つかるかヒントを差し上げます。

 

 

 

やりたくない事に答えがある

 

 

ポイントは以下の通り
・続けられる事
・効果がある事
・今の生活習慣と違う事

 

 

 

 

この3つです

 

 

上2つはここまで話した通りとても大切な事です。ですがこの2つだけだと恐らく人は変われません。

 

なぜなら「続けられる事」とざっくり考えるとどうしても負荷の軽い簡単なだけの物になります。もちろんそれだけでもある程度効果がある場合もありますが、比較的すぐ頭打ちになるでしょう。

 

そうするとまた元の自分へ逆戻りです。

 

 

なので大事なのは3つ目です

 

 

ここまで話した通り続けられる事が最も重要なのですが、そこから考えると「今現在太っていると言う事は、これまで太るための努力を続けてきている」と捉える事ができます。

 

 

この太る生活習慣を変えないと痩せ体質は絶対に手に入れられません。

 

 

私達が何気なく行っている日々の習慣。これは私達の生活に安心感を与えてくれるものです。

 

 

だからこそ

 

 

「やりたくないな?と思うような事」をかなりレベルを下げて始めてみるようにすると効果があるのです。

 

 

私の場合で言えばそれが食事制限でした。元々、運動は好きだったので運動で痩せようと必死でした。

 

食事制限なんて絶対に嫌だったのです。

 

ですが、何を食べたかメモを取ると言う簡単な所から始めてみたらどんどん痩せる。

 

そこから私の生活習慣は見紛うほどの変化を起こしていきます。

 

 

大事なのはこの「やりたくないな」と言う少しざわつく感情を受け入れて、今の生活習慣の外にあるものを取り入れる事です。

 

もちろん続けられる事が前提ですからレベルはかなり下げる必要があります。

 

 

このやりたくない事は人によって違うはずです。
自分の気持ちに正直になって少しだけ自分を変えていきましょう。

 

 

 

☆関連記事☆

ダイエットの定義
太っている人は自己管理能力がない
サラリーマンのダイエット時の問題点
肥満は仕事の評価すら左右する
太っていると優しそうってのは褒め言葉じゃないよ?
太っている人の空腹感に対する認識がおかしい
色んなダイエット法があるけども・・・
ダイエットに時間はいらない
ダイエットにおける運動の必要性
ダイエットが続く心の在り方
一日事の体重の増減に一喜一憂しない
ダイエットは引き算思考
肥満で確実に不幸になる事実、デブは無意識に私たちを蝕んでいる
失敗から学び継続する力が身につく考え方
カロリー計算は理論的には正しくない可能性があるが食事管理の基本的なスキルを身に着けるためにはやはり一番だと思う

 

□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク