スポンサードリンク

基礎代謝は内臓が6割 〜禁煙ダイエット〜

 

 

 

基礎代謝をあげて痩せやすい体を作ろうと考える人は多いと思います。

 

実際に私もそう考えて筋力トレーニングに明け暮れたことがあります。

 

その結果「ダイエットにおける運動の必要性」にも書かせていただきましたがダイエットには運動はいらないという結論にいたりました。

 

しても散歩程度でしょう

 

頑張って1時間走ってケーキを食べるか、ケーキを我慢するかの違いですから。

 

筋肉の基礎代謝って大したことない

 

一般的に基礎代謝をあげようと考えた場合筋肉トレーニングによって筋肉を増やそうという意識になるかと思います。

 

しかしここで落とし穴が

 

実際筋肉が付けばその分基礎代謝は上がります。
しかし、いかほど上がるのか?

 

実際に筋肉が占める体の基礎代謝の割合はなんと2割!!

 

全体の2割しかないんです。

 

頑張って筋肉をつけてもカロリー的に考えたら10kcalとかしか上がりません。
良くて50kcalとかです。

 

もちろん無いよりはあったほうが良い

 

それは間違いないですが努力に対する効果がお粗末すぎる・・・
アメちゃん一個分・・・

 

ちなみに基礎代謝の6割は内臓などの生きるために必要な臓器の運動になります。

 

配分は
内臓:6割
脳  :2割
筋肉:2割
となります。

 

つまり内臓の動きを活性化させたほうが効果が高いということです。

 

内臓の動きをよくするにはどうしたらいいのか?

内臓の動きをよくすると言われても自分の意思で動かしている訳ではないですからどうしたらいいかわかりませんよね?

 

自分で動かせる人がいたらそいつは人間じゃない(笑)

 

普通の人は内臓の動きと言うのは自律神経が握っています。

 

それぞれの臓器の動きやその連携など自律神経が管理しているのです。

 

よってこの自律神経の動きが悪くなると太るのです。

 

この自律神経は以下のようなものに影響を受けます。
・ストレス
・生活リズムの乱れ
・食事の偏り
・疲労

 

サラリーマンはストレスを感じることが多いと思いますがこのストレスのせいで太ってしまっている場合と言うのも考えられます。

 

上記の要因はサラリーマンはほとんど当てはまるのではないでしょうか

 

ダイエットと言うのは難しことを考えて大変なことをすれば成功するわけではありません。

 

むしろ当たり前のことを当たり前に行うことで成功するものです。

 

疲れたらちゃんと休むとか、食事のバランスを考えるとか、規則正しいリズムで生活するとかそういったことです。

 

これが2割しか影響のない筋肉を頑張って鍛えるよりずっと効果的なことです。

 

 

 

☆関連記事☆

ダイエットの定義
太っている人は自己管理能力がない
サラリーマンのダイエット時の問題点
肥満は仕事の評価すら左右する
太っていると優しそうってのは褒め言葉じゃないよ?
太っている人の空腹感に対する認識がおかしい
色んなダイエット法があるけども・・・
ダイエットに時間はいらない
ダイエットにおける運動の必要性
ダイエットが続く心の在り方
一日事の体重の増減に一喜一憂しない
正しいダイエットをしている時は楽しいもの
ダイエットは引き算思考
□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク