スポンサードリンク

サラリーマンのダイエット時の問題点〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

最初にサラリーマンである私がダイエットをする時にぶち当たった壁(問題点)を思い出しましょう

 

これはたぶん普通のサラリーマンがダイエットすると必ず出てくる問題点だと思います。
これらの問題点に対して対策をたてていかないとサラリーマンのダイエットは成立しません。

 

1、残業で夕飯が遅い

 昨今、毎日定時時間で帰れるサラリーマンはいないと思います。仕事が煮詰まっている時はどうしても夜遅くまで残業してしまい夕飯が遅くなることがあると思います。

 

 夕飯と言うのはその後はただ、寝るだけですのであまり多くのエネルギー摂取をする必要はありません。その理由から夕飯は基本的には寝る3時間前までにとるのが望ましいと言われています。

 

 しかし、サラリーマンでその3時間前に食事をとれる人なんて恐らくほとんどいないと思います。大体家に帰って食べて風呂に入って寝るだけっと言う人も多いのではないかと思います。

 

この問題を解決しようと思うと一番簡単に思いつく方法は二つ

 

残業をしない、夕飯を食べない

 

まぁ、できるならやってください・・・。これが一番です。

 

この二つは難しいと思うので折衷案として考えられるのは残業時間中に食事をとる、夕飯の量を極力減らすことです。

 

ちなみに私はどちらも使って対応することにしました。

 

残業時間中に間食を挟むことで血糖値を緩やかにあげながら家で少量の夕飯を取っていました。

 

 

2、付き合いの飲み会が多い

サラリーマンとは付き合いに生きる人たちのことを言います。
飲み会に参加してなんぼみたいな所ありますもんね。

 

飲み会の平均カロリーって1500kcal位だと言われています。

 

そんな夕飯を毎回毎回食べてたら太るだろうっと思いますよね

 

まぁ、太る訳ですよ(笑)

 

対策については食べる順番を考慮したGI値コントロールが基本になります。
別途紹介していこうと思いますが私のよくやっていた最低最悪な裏技を先に紹介しておきましょう。

 

 

それは・・・

 

 

 

飲み過ぎて全部吐いちゃう(笑)

 

 

絶対に推奨しません

 

 

 

 

3、日中の外食が多い

昼ごはんは愛妻弁当ですと言う人以外は会社の食堂でご飯を食べていたり社外で外食していると思いますが結構外食はカロリーも高く太りやすい物が多いです。

 

基本的には牛丼とかハンバーガーのような早くて安い系の食べ物は太ります。

 

ただ、環境的にどうしても外食に偏ってしまうのがサラリーマンです。

 

私は昼間はあきらめました(笑)

 

正確には一食豪華主義の採用をしました。

 

三食食べるうちの一食を豪華にして後は質素に食べると言うことです。
またどうせ外食するとかなら良いもん食べたいですからね。

 

この考え方からすると夕飯が遅くなって少量しか食べられなくても昼間で帳尻が合うようになってきます。

 

 

4, 生活が不規則

生活リズムの乱れている人は太りやすいです。

 

太るっていうか単純に体に悪いです。ストレスもたまっちゃいますからね

 

 

サラリーマンはヘタすると仕事で徹夜とかしちゃう人もいると思います。
そういう人は仕事の内容を見直して今後の自分の生活を変えていく努力をしていくしかないと思います。

 

ただ、単純に帰りが遅いからそのまま夜更かししちゃうような人も中にはいます。

 

止めましょう

 

っとしか言えない・・・

 

あえて言うならば朝方に切り替えたほうが良いです

 

単純に消費するエネルギーも増えますし、朝早く起きて何かをするほうが集中できます。

 

「起きれません」と言う人がいますがそれは甘えであり考えが足りないだけです。
早起きは誰でもできるし人生の選択肢の幅が広がります。

 

 

 

 

☆関連記事☆

ダイエットの定義
太っている人は自己管理能力がない
サラリーマンのダイエット時の問題点
肥満は仕事の評価すら左右する
太っていると優しそうってのは褒め言葉じゃないよ?
太っている人の空腹感に対する認識がおかしい
色んなダイエット法があるけども・・・
ダイエットに時間はいらない
ダイエットにおける運動の必要性
ダイエットが続く心の在り方
一日事の体重の増減に一喜一憂しない
正しいダイエットをしている時は楽しいもの
ダイエットは引き算思考
□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク