スポンサードリンク

肥満の定義:BMIの計算〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

ではそもそも肥満の定義とは何なのでしょうか?

 

Wikipediaではこう書いてあります。

 

肥満(ひまん、英: obesity)とは一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。

 

体脂肪が過剰に蓄積した状況とのこと。

 

 

この「過剰に」と言うのがどのくらいなのかと言う話になってきます。

 

過剰にといわれても数値的な根拠が必要になってきますそのため一般的にはBMI指数を使用して判断されます。

 

BMI指数とは(Body Mass Index)の略で 身長と体重の数値から脂肪率を簡易的に割り出す手法になります。
この方法はWHO(世界保険機関)などでも一般的な方法となっています。

 

計算はとても簡単で

 

BMI=体重(s)÷{身長(m)×身長(m)}

 

現在の私の場合身長171pで体重が64sですので
64÷(1,71×1,71)=64÷2,9241=21,88
となります。

 

BMI指数は多ければ多いほど肥満傾向が強いということになります。

 

このBMI指数で日本人の場合BMI指数 25以上が肥満とされています。

 

ちなみにこれはあくまで日本の場合で海外では30以上となっています。

 

 

標準体重がBMI指数22
美容体重がBMI指数20

 

とされています。

 

最近ではさらに下のモデル体重と言うものもあります。
ただこれはBMI指数が18とかなり低く私としては健康のためにはあまりお勧めできない数値だと考えております。

 

最も統計的に健康だとされているのが標準体重のBMI指数22になります。

 

こういう話をしていると大抵こんなことを言う人がいます。

 

「身長と体重だけでは本当に太っているかどうかなんてわからないだろう!大切なのは体脂肪率だ!!」
 
確かにそうなんですけどね・・・

 

実際脂肪より筋肉のほうが比重が重いので筋肉の多い人はBMIが高く出てしまいます。

 

それって日頃から運動をしていたり肉体労働で汗をかいている人であってパッと見でわかりますよね・・・

 

もちろん多少の誤差はありますがこのBMI指数と言うのは体脂肪率との相関性もかなり確認されている手法です。

 

私としましてはそんないちゃもんつける前にBMIを22に近づけてから考えなさいと言いたいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク