スポンサードリンク

人が太るメカニズム〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 


まず基本的なことですがそもそも人はどうやって太るのか?

 

 

 

 

人の体には白色脂肪細胞と言う細胞があります

 

この白色脂肪細胞が脂肪をため込む働きを持っています。

 

白色脂肪細胞自体は体のいたるところに存在し一般的な成人で250〜300億個あると言われています。

 

この白色脂肪細胞ですがこの細胞が急激に増える時期と言うのがあります。

 

それが胎児期、乳児期、思春期の3回です。

 

この時期に過剰なエネルギー摂取を行うと細胞の数が増えてしまい太りやすい体質になります。
まぁ、とは言っても大人になってからそんなこと言われてもって感じですね(笑)

 

また胎児期と乳児期については体を大きくしなくてはいけない時期であるため多くのエネルギーが必要です。サラリーマン世代の方は自分の子供が思春期になった時に一言「今太ると後が大変だぞ」っと言ってあげたほうが良いのかも知れません。

 

ちなみに太っている人ではこの白色脂肪細胞が通常の倍である600億個もある場合があるそうです。

 

 

何を食べたら太るのか?

 

 

 

 

「よく甘いものを食べ過ぎると太る」とか「炭水化物は太る」などと言われていますが

 

基本的に何を食べても食べ過ぎれば太ります。

 

たとえ豆腐やサラダだろうと食べまくれば太ります。

 

結局のところ体が消費するエネルギーよりも多くの栄養を摂取すれば体はそのエネルギーを蓄えようとします。

 

 

それぞれの栄養素がどのように脂肪に変わるかは
体に脂肪がつく原理
にて説明します。

 

 

遺伝で太る?

確かに遺伝的な要因で太るといった話や、ラットを使った実験など学術的に遺伝的要因で太ると言うことは確認されています。

 

ただ、その確立と言うのはとても少なく基本的には無視しても良いレベルです。

 

「でも、うちの家族は全員太ってるじゃないか!!」
 
と思われる方もいると思います。
ちなみに私の家族もみんな太っていました(笑)

 

これはどちらかと言うと伝子の問題では無く習慣の問題です。

 

太っている人には太る習慣と言うものがあります。

 

家族と言うのは基本的にはその習慣を共有しているものですので親が太っているならばその習慣が引き継がれているから太るのです。

 

結局この太る習慣をやめることが出来なければ痩せることはできません。

 

 

 

□■□■記事はいかがでしたでしょうか?□■□■
今後もより素敵で楽しい生活を送るための話が出来ればと思っています。
よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はTwitterがメインです

スポンサードリンク