スポンサードリンク

内臓脂肪と皮下脂肪〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

基本的な話にはなりますが人の脂肪には二種類の脂肪があります。

 

内臓脂肪と皮下脂肪です。

 

役割としての内臓脂肪はエネルギーの貯蔵などを目的として蓄えられるのが内臓脂肪です。

 

皮下脂肪は内臓脂肪とは役割が違い、外部からの衝撃を吸収する役目や保温作用などの効果があります。また、皮下脂肪は免疫力などとも関係があり、ある程度あったほうが健康には良いとされています。

 

ダイエット的な視点で見ていくとこの二つは以下のように分かれます。

 

内臓脂肪
付きやすく無くなりやすい
リンゴ型体型
あまり多くついていると健康を害する恐れがある
比較的男性に多い脂肪

 

 

皮下脂肪
付きにくく無くなりづらい
洋ナシ型体型
体温調節や衝撃吸収のためある程度は必要
比較的女性に多い脂肪

 

 

よく中年男性でお腹だけが異様に膨らんでいる人を見かけるかと思います。あれが内臓脂肪です。内臓の臓器周辺に脂肪がつくためお腹だけが膨らんできます。

 

そして一般的に女性がいつも気にしている脂肪と言うのが皮下脂肪です。これは体の表面に出てくる脂肪であるため美容の観点からしてみるとあまり付いていると見かけが悪くなります。

 

しかし、皮下脂肪はある意味では必要な脂肪ですので完全にそぎ落とすようなダイエットはあまり得策とは言えません。

 

基本的には内臓脂肪→皮下脂肪の順でなくなっていくことが普通です。
それはあくまで内臓脂肪は余った栄養の保管が目的だからです。

 

そのため栄養が足りなくなればすぐに分解されエネルギーに変換されます。

 

サラリーマンでお腹がパンパンな方などは少し食事制限をしただけでも一気に内臓脂肪が消費されるためすぐにその効果を実感できるかも知れません。

 

それに対して若い女性などが美容目的でダイエットする場合は皮下脂肪を狙ってダイエットしているためかなり頑張ってもその効果を実感するまでに至らない場合が多いです。

 

 

 

スポンサードリンク