スポンサードリンク

基礎代謝の考え方 〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 基礎代謝とは

基礎代謝とは何もしないでじっとしている時に生命維持のために消費されるエネルギーのことを言います。

 

人は生きているだけでも脳や心臓が動いていますし新陳代謝で常に体を作り変えているため生きているだけでエネルギーが必要になるのです。

 

一般的には歳を重ねると基礎代謝が落ちてくると言われています

 

これは年齢に共に体の筋肉量が落ちてくるために基礎代謝も落ちてしまうからです。

 

通常筋肉細胞のカロリー消費は1キログラムにつき13kcalです。
これが脂肪細胞になると4,5kcalしかありません。

 

筋肉が落ちると基礎代謝が落ちるのはこの違いによるところです。

 

 

基礎代謝の確認の仕方

自分の基礎代謝を確認する場合は厚生労働省が発表している 「日本人の食事摂取基準 」の中に記載されている表から確認するのが一番手っ取り早い方法になります。

 

下記に記載します。
 
出典:厚生労働省日本人の食事摂取基準 」より

 

この表の基礎代謝基準値に対して自分の体重を×ことで基礎代謝を確認することが出来ます。

 

例として32歳70キロの人の場合は

 

基礎代謝基準 22,3 × 体重70 = 1561kcal

 

となります。

 

これがただ寝ているだけでも消費されているカロリーということになります。

 

 

基礎代謝の内訳

 

さてこの基礎代謝

 

何もしないで消費されるならぜひこの基礎代謝を増やして楽をしたいと思うの人心と言うものでしょう。

 

ですが人生そんなに甘くない

 

この基礎代謝の内訳をみて生きましょう

 

・脳 20%
・内臓他 60 %
・筋肉 20%

 

見てわかるように筋肉が占める割合と言うのは全体の20%になります。

 

それ以外は内臓などの完全に自立している器官になるため人の努力でどうのこうのできるものではありません。

 

人為的に基礎代謝をあげるためにはこの20%に当たる筋肉を鍛えるしかないのですが1キロ当たり13kcalしか増えませんのでアメちゃん一個食べたらおしまいです。

 

「基礎代謝は内臓が6割」にも記載していますが基礎代謝は消費カロリーをあげるより内臓の具合をよくして下がらないように努力するほうがよっぽど健全でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク