スポンサードリンク

「タバコはカッコイイ」は勘違い〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

タバコを吸い始めた理由ってなんだったろうか?

 

と言うことを考え始めると思いうかぶのが昔はなんだかタバコを吸うっていうのがカッコイイ物のように思われていたことが多かったように思います。

 

学生のころ先輩がスパッ〜と吸っているのを見てなんだかカッコイイなっと思ったことを思い出します。

 

実際私の父も喫煙社でしたし周りの大人はみんな吸っていたので

 

タバコを吸うことが大人の男として必要なことのように感じていました。

 

そんなタバコではありますがもうすでに近年ではタバコを吸う人はドンドン減りタバコへのイメージも「カッコ悪い」に変わってきています。

 

 

JTの調べでは1960年代は8割の人が吸っていたタバコが近年ではすでに3割。
タバコをカッコイイと思う男子高校生は5%弱しかいないとのこと

 

 

 

そうかな?っと思い返してみると確かに私の会社に最近入社する新人はほとんどタバコを吸う人がいません

 

 

確かに飲食店でも禁煙の店も増えましたし分煙もずいぶん浸透してきています。

 

大分世の中がタバコを吸わないことが普通であると言う認識に変わったように思います。

 

 

私もタバコを吸っていた時は喫煙所で「肩身が狭くなりましたね〜」と同僚とぼやいていたことを思い出します。

 

ここまで思い出してみるとふと気が付くことがあります。

 

タバコをカッコイイと思ってたのはただみんなが吸っていたからだっということ

 

タバコを吸わない人が増えた現在の若者はタバコをカッコイイとは言わなくなりました。

 

むしろ町の片隅に追いやられて身をひそめながら吸っている人たちを外から見て「カッコ悪い」と思っているんです。

 

また、私知り合いに喫煙者のバイク乗りがいるのですが彼にタバコをやめない理由を尋ねた所「だだっ広いところまでバイクで行ってそこでタバコを吸ってる自分がカッコイイと思うからだ」っとのことでした。

 

つまり彼の中には バイク×タバコ=カッコイイ  と言うことになっているようなのですが他の人に聞いてみてもカッコイイと言う人はいませんでした・・・

 

私も以前は通勤前に駅の喫煙所で必ずタバコを吸ってから通勤していました。
それが当たり前のことで特に疑問に思ったことが無かったのです。

 

ですがタバコを吸わなくなって朝その喫煙所の前を通ると見え方が変わりました

 

なんだかみんな下向いて狭い中、こじんまりまとまってタバコを吸ってるんです。
そして何より気になるのがみんな眉間にしわが寄ってるんです

 

幸せそうな人が一人もいないんですよ

 

みんな何かを我慢しているようなそんな顔してタバコを吸ってるんです。

 

タバコを吸ってる時は気が付かなかったけどきっと私もそうだったように思います。

 

確かにあの光景を見るととてもカッコいいとは思えないですよね。

 

 

スポンサードリンク