スポンサードリンク

禁煙を成功させたければ周りに禁煙すると宣言しないこと 〜禁煙ダイエット〜

 

タバコを止める上で大切なことですが「禁煙します」と周りの人たちに宣言する人が多くいるかと思います。

 

これは止めたほうが良いです。

 

通常周りの人に宣言した場合その宣言をしたおかげで強制力が働いて継続できると考える人が多いようですが逆です。

 

禁煙をしたいという欲求を持てたとしても周りの人に宣言した瞬間から禁煙「したい」から「しなくてはいけない」になってしまうからなんです

 

人間とは不思議なものでしたいことは勝手にやりますが「しなくてはいけない」と言う強制力の働いている状態では逆にやりたくなくなるのです。

 

つまり周りの人に禁煙を宣言した瞬間から周りに人の目による強制力が発生して義務化してしまうため人はやる気をなくします。

 

だからどんなに周りの人に宣言したって「やっぱり禁煙止めます」って言えてしまうのです。人は言い訳するのは得意ですから。

 

実はこの考え方は禁煙以外にも言えることです。
ダイエットについても同じですね。

 

周りの人に言ってはいけないのです。

 

基本的には内緒で始めてバレるまで隠すんです。

 

そのほうが継続できる。

 

そのため私の現在のスタンスもいまだに禁煙しているのではなく「ただタバコを吸っていない日が続いている」と言う感覚です。

 

内緒にすると言うゲーム感覚がまた楽しいというのもあります。

 

みんなが一体いつ頃になったら気が付くのかを予想していくのです。

 

ちなみに意外と気が付かれません・・・
私がみんなから気にされていないだけかも知れませんが・・・

 

また、禁煙を宣言した場合のデメリットがもう一つ

 

禁煙を宣言すると場合によってはそれを妨害しようとする人が現れることです。

 

みんなもう大人なのであまりいないと信じたいですが喫煙者は仲間が減るのを嫌がるところがあるため禁煙したって無駄だよっと言って妨害してくる人が稀にいます。

 

そういう人が仮に周りにいたとしても内緒で禁煙していれば何の問題もなく継続することが出来るためやはり宣言はしないほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク