スポンサードリンク

タバコを吸っていた時間を別に利用する 〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

禁煙を始めて一番最初に感じること

 

 

タバコを吸わなくなると暇だな

 

 

 

次に記載する「タバコに使っていたお金を別のところで使ってしまう」とも重なる部分なので一緒に検討したほうが良いかと思いますが、まず最初に時間が余ります

 

一日に一箱吸う人で一本5分とすると100分ですから1時間40分の時間が余計に生まれることになります。

 

この時間をどうしたらいいんだろう?っとなる訳です。

 

 

特に趣味の無い人だと持て余したりしてしまうのです。

 

 

結局タバコを暇つぶしで吸ってしまうと言う事態に陥りかねません。

 

 

タバコを吸わないでいることで集中力も増すので禁断症状さえ乗り越えればそのうち仕事も早く終わるようになります

 

 

ますます時間が余ります。

 

 

時間が余った状態は禁煙を続けるうえでかなりマイナスに働きます。

 

暇だと余計に禁断症状でタバコが吸いたくなるのです。

 

よってこの約2時間分の何か代替えとなる物を始めましょう。

 

 

実は私がブログを始めたきっかけもこれが理由の一部だったのです。
私がこの禁煙によって生まれた時間で始めたことは以下のような物です。

 

・ブログ
・コーヒー
・ダイエット
・株
・DIY
・ナノブロック
・筋トレ

 

 

今思うと結構色んなことを盛り込んできていますね。
後はもともと読書量がすごかったのですが読書の時間も更に圧倒的に増えました。

 

今ではむしろ時間が足りないくらいになりました

 

タバコを吸っている時間はもうない(笑)

 

でもそれぐらい一日2時間を捻出できるというのはすごいことなんです。

 

人によってはそれで英語の勉強をしようとかスキルアップしようとか真面目な方もいるかも知れませんが2時間もあればかなりしっかり勉強することも可能でしょう

 

 

ただ、私としては隙間時間でもできることを行ったほうが良いと思います。

 

 

まとまった時間がないとできないようなことにしてしまうと空いた細切れの時間を有効活用できないのでいついかなる時でもできることがベストです。

 

 

元々の趣味があるならばその関係の何かをその隙間時間にやるようにしたらどうでしょうか

 

 

フットサルが好きな人は空いた時間にフットサルの情報を調べたり、プレーの研究をしてみたり
から揚げが好きな人は空いた時間に美味しいから揚げ屋さんを調べたり、SNSで仲間を探したり
家族がすべてっと言う人は空いた時間に家族写真を眺めたりしたらどうでしょう

 

 

タバコを吸うよりずっと素敵な時間になると思います。

 

 

次はタバコを止めることで生まれるもう一つの物
お金について考えていきましょう
タバコに使っていたお金を別のところで使ってしまう

 

 

スポンサードリンク