スポンサードリンク

タバコによる健康への影響〜禁煙ダイエット〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

タバコが人体に対して有害なものであると言うのはみんな知っている話で今更あえて言う必要もないとは思いますが具体的にどのような病気になるのか紹介します。

 

 

タバコには数多くの有害物質が含まれています。

 

タール、ニコチン、一酸化炭素などこれらを体内に取り入れている訳ですから健康に害がないわけがありません。

 

一般的にタバコによってリスクが上がる症状はこのようなものがあります。

 

・心筋梗塞
・狭心症
・心筋変性
・大動脈がん
・喉頭がん
・咽頭がん
・膀胱がん
・食道がん
・胃がん
・膵がん
・肝がん
・動脈硬化
・脳血栓
・慢性気管支炎
・肺気腫
・胃潰瘍

・十二指腸潰瘍
・膵炎
・肝炎
・歯周病

 

 

いっぱいありますね〜

 

喉頭がんに至ってはふつうの人の32倍のリスクがあると言われています。

 

そしてこの中で私が気になるところそれは
動脈硬化や脳血栓と言う症状

 

「肥満による健康被害」でも書かせていただきましたが肥満でも病気のリスクは格段に上がります。

 

そしてこの肥満で最もリスクが上がってくるのが動脈硬化になります。

 

つまり太っている喫煙者は二重でリスクをあげているのです。
ダブルパンチです。

 

いつ脳の血管が切れても不思議ではありません。

 

 

また、喫煙の健康被害の嫌なところは自分だけでは無いという所です。

 

タバコには受動喫煙のリスクと言うものも存在します。

 

フィルターのついていないほうから出てる煙のほうのことですよね。

 

自分が自分の意思で吸って病気になるならいいですけど人の吸っているタバコのせいで病気になるリスクが上がると言うのはなんだか悪い気がしますよね。

 

果たしてそのリスクはどのくらい上がるのかというと 子供の急性呼吸器疾患 のリスクは50%~100%も上がるそうです。

 

子供の健康については大人が守って言ってあげなくてはいけないものだと思います。
だからこその分煙の広まりなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク